花粉症治療

苦しい花粉症、アレルギーにはバイオネット

苦しい花粉症、アレルギーに。

副作用無しの『バイオネット』の詳細は下記バナーをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バイオネット花粉症&アレルギー

舌下免疫療法という花粉症治療について

花粉症,治療,症状,レーザー,バイオネット

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

舌下免疫療法という花粉症治療

 

アレルギー症状を引き起こす原因となる物質(抗原)が体内に進入することによって、
体が異物進入と勘違いし、抗原を攻撃しようとするために引き起こされる症状を
アレルギーと呼んでいます。

 

 

 

アレルギー症状にもたくさんありますが、
草木の花粉が飛散する時期にだけアレルギー症状が出るのが花粉症
目や鼻の症状が中心ですが、なかなか治りにくく、完治は難しいとされてきました。

 

 

 

アレルギー症状を抑える薬で対処してきた花粉症に近年画期的な治療法が開発され、
注目を浴びています。それが免疫療法(減感作療法)と呼ばれる治療法です。

 

免疫療法(減感作療法)と呼ばれる治療法

 

免疫療法は症状が出ない程度に弱くした抗原を体内に少しずつ取り込んで身体を慣らしていくことで
アレルギー症状が出にくい体質にしていくという治療法で、今まで完治は難しいとされた
アレルギー疾患に新しい希望をもたらした治療法です。

 

 

 

皮下注射で血液中に抗原を取り込む方法が中心でしたが、開発が進んで、
スギ花粉症に関しては舌下に投与することで効果を現す舌下免疫療法が認可されました。

 

 

 

舌の下にスギ花粉の含まれたエキスを含ませ2分間保持します。
その後に投与したエキスを飲み込むだけ。

 

花粉症,治療,症状,レーザー,バイオネット

 

皮下注射による治療法は治療のたびに傷みを伴いますが、舌下免疫療法は傷みを伴わない、
毎回通院しなくても自宅でできるので忙しい人でも治療ができるなどのメリットがあります。

 

 

 

しかし、皮下注射による減感作療法に比べて効果が薄いため、
他の治療法と並行して行わなければならない場合もあるほか、
効果が現れるまでや治療の期間が非常に長いこと、

 

 

 

また、新しい治療のため、治療法が落ち着くまでは1ヶ月に2回ほどは
病院で治療経過を診察してもらわなくてはならないといったデメリットもあります。

 

 

 

こうしたメリットとデメリットをしっかりと頭に入れた上で、治療に望むことが大切です。

 

 

 

>>>子供の花粉症治療の方法や注意点