花粉症治療

苦しい花粉症、アレルギーにはバイオネット

苦しい花粉症、アレルギーに。

副作用無しの『バイオネット』の詳細は下記バナーをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バイオネット花粉症&アレルギー

減感作療法という花粉症治療をご存知ですか?

花粉症,治療,症状,レーザー,バイオネット

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

減感作療法という花粉症治療

 

花粉が体内に侵入することで、体内の免疫機能が異物が進入したという信号を送り、
くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を引き起こす花粉症

 

 

 

体内に入ってきた花粉などアレルギー症状を引き起こす原因となる物質を抗原といい、
体内に入って異物だと認識されると身体は抗原を抑えるための抗体を作り出します。

 

 

 

この状態を感作された状態と呼びますが、この感作された状態が起きると
アレルギー症状を引き起こすと考えられています。
そこで近年注目されているのが減感作療法という花粉症治療です。

 

減感作療法

 

アレルギー症状を持つ人は症状がひどくなると治療を受けなければなりませんが、
その際行なわれる治療のほとんどは、今起きている症状、またはこれから起きることが
予測される症状を軽減するために行われる対症療法です。

 

 

 

残念ながらアレルギー体質そのものを改善させる治療法は無いのが現状です。
しかし、このアレルギーの反応を起こしにくくする治療法として開発が進んでいる減感作療法は、
抗原を症状が出ない程度に微量ずつ皮下注射していくことによって、

 

 

 

アレルギー反応を起こす抗体ではなく新しい抗体を作り出すし、
アレルギー反応を起こしにくい体質に変えていくのです。

 

 

 

つまり、アレルギーを起こす物質に身体を少しずつ慣れさせていき、
症状を出にくくさせる治療法といわれています。

 

花粉症,治療,症状,レーザー,バイオネット

 

広い意味での体質改善とも言えるため注目を浴びている治療法ですが、もちろんデメリットもあります。
効果が現れるため非常に時間を要するため、即効的に症状を抑えたいという人には向いていません。
早くても3年以上かかります。

 

 

 

抗原の種類やアレルギー症状を引き起こす抗体のでき方は人によって違いがあるため、
全ての人に効果のある治療法ともいえません。
効果が出るか出ないかは治療してみないと分からないのが実情です。

 

 

 

また、少量でも抗原を注射するため、
体調が悪い時などはアレルギー症状を引き起こしてしまう時があります。
医師と相談しながら慎重に行う必要があります。

 

 

 

今の段階では皮下注射だけですが、今後は口から抗原を摂取して治療する経口減感作療法など、
次々と新しい治療法が開発されている減感作療法
メリットやデメリットをしっかり把握した上で治療を受けることが大切です。

 

 

 

>>>舌下免疫療法という花粉症治療について