花粉症治療

苦しい花粉症、アレルギーにはバイオネット

苦しい花粉症、アレルギーに。

副作用無しの『バイオネット』の詳細は下記バナーをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バイオネット花粉症&アレルギー

花粉症になりやすい時期は?

花粉症,治療,症状,レーザー,バイオネット

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

花粉症になりやすい時期

 

花粉症は特定の草木の花が咲き、花粉が飛散する時期になると発症します。
それぞれ特定の花粉のアレルギー反応を起こし、
その花粉の飛散時期が終了すると症状も治まります。

 

 

 

ではいったい花粉症になりやすい時期はいつなのでしょうか。
花粉症になりやすいことで有名なスギやヒノキなどは花が咲いて花粉が飛散する時期は、
地域によっていくらかのずれがあります。

 

花粉が飛散する時期

 

主な花粉症の原因となる植物の花粉が飛散する時期は次のようになります。
ハンノキ属カバノキ科の植物は関東以西は1月から6月までほぼ半年続きます。

 

 

 

花粉症の代表ともいえるスギも、関東以西では1月から6月までずっと花粉の飛散が続きますが、
2月から5月にかけては花粉の飛散量が増え、花粉症の症状も重くなります。

 

 

 

スギは北海道では4月一杯が花粉が多く飛散する時期といわれています。
ヒノキは北海道や東北では4月から5月にかけて、関東では2月から5月、
関西では3月から5月、九州地方では3月から4月にかけて花粉の飛散量が増えます。

 

花粉症,治療,症状,レーザー,バイオネット

 

カバノキ科のシラカンバ(白樺)は北海道で症状を訴える人が多く、
5月から6月に症状が出る人が多いです。

 

 

 

花粉症といえば春というイメージが多いですが、イネ科の植物やキク科のブタクサ、
ヨモギなどは夏から秋にかけて花粉症の症状が出る植物です。
特にイネ科の植物は飛散する時期が長く、4月から10月くらいまで症状が続く事があります。

 

 

 

地域や時期によって花粉症を引き起こしやすい植物は違ってきますし、同じ花粉でも、
そのときの体調などによって症状の現れ方も違うので、何の花粉で症状が起きたのか
病院で診察を受けることは、花粉症の治療や対策を行なう上で非常に大切です。

 

 

 

>>>花粉症の症状を軽減する効果があるヨーグルト